スポーツユニフォームやアイテムを飾るということ
〜私たちのスタンス〜

 アメリカ映画を見ていて印象に残ることは、家族の写真や恋人の写真が机の上や部屋の壁、階段の壁などに所狭しと飾られていることです。飾る文化が生活の中に根付いていて、それが当り前になっています。それは言い換えれば何かを飾るためのスペースとしても壁の文化というものがあるからだと思います。(又そこからプライバシーという概念も発達したのかもしれません)
日本の場合この壁の文化があったでしょうか?極端な言い方をすれば日本の場合は日本家屋の特徴としていわゆる部屋と部屋を仕切る壁というものがありません。唯一特別な壁である床の間には掛軸がかかっています。そして壁の代わりに襖絵や障子や屏風などが存在します。それはそれで日本の美意識の結晶で世界に誇るべきものですが、壁と言う固定された物理的な存在で部屋を区割りする文化はありませんでした。
もしそんな日本にも壁の文化があったらと想像してみるとちょっと面白い光景が思い浮かびます。(勿論文明開化の明治以降の日本には壁の文化が入り込んで来ましたが)例えば江戸時代に庶民にも人気を博した浮世絵なども、当時もしアメリカのような壁の文化があれば、若い人たちは人気アイドルのピンナップ写真よろしく歌舞伎役者やビードロを吹く娘や見返り美人のような版画をペタペタと部屋中に貼り散らかしたかもしれませんね。たぶんこの飾るという行為は自分の周り(や生活)を心地よくしたいという人間の自然な欲求に基づくものかもしれません。そしてこの飾る物に対して単に見ていて心地良い物から、愛着のある物保存保管したい物(残したい物)へと価値がエスカレートしたとき、その欲求に応えたのが額縁でした。本来保管が主目的であれば人目に付かぬよう箱の中奥深くに仕舞い込んでおけば(作品)が痛んだりしないのですが、でもそれでは我慢できない。仕舞い込んでおきたいほど愛着のある物(作品)だからいつも眺めていたい。この相反する二つの要求に対する回答が額縁でした。だから額縁は中の作品を見せながら保管する役目を持っています。(襖絵には保管という概念は見られませんし、桐箱に収納する分には掛軸は保管機能がありますが、飾る時には無防備な状態になるという意味においては飾ると保管の2つの役割を同時に満たすことはできません。ただその代わり持ち運びには優れています)

 私たちが、ユニフォームを額装する際に知恵を絞るのはこの「カッコ良く飾りたい」と「保管したい」の2つの目的を同時に追求するからです。ただ単にハンガーに掛けてクローゼットに入れるようなタイプの額縁に入れるだけなら、何も考える必要はありません。ホームセンターなどでお買い求めいただければそれでいいと思います。そうではなくて私たちは、あなたのそのユニフォームに価値があることを知っています。だからその価値にふさわしい額装を提供することが仕事だと思っています。ただ「飾りたい」に応えるのではなく「カッコ良く飾りたい」というあなたの願いに応えたいのです。

 さてユニフォームやスポーツアイテムを飾るというのは今に始まったことではありませんが、以前は陳列ケースに入れるのがその唯一の方法でした。そうユニフォームとはケースに入れるものだったのです。額縁はまだ紙や写真や賞状や張キャンバスなどせいぜい数ミリの厚みのものしか受け付けない器にすぎませんでした。しかしいくらファンだからと普通の家に陳列ケースは大袈裟過ぎます。そこで何とか厚みのあるものも額縁に入れられないかという模索が始まったわけです。幸い弊社は家具の町大川市(福岡県)に立地していた関係で色んな材料や加工技術などを入手応用しやすい環境にありました。色んな試行錯誤の結果現在の額装方法に辿り着きました。ついにユニフォームやバットなどのスポーツグッズの額装が可能になりました。しかし弊社にその技術があることを(口チコミ以外で)告知する術をしりませんでした。そうこうするうちやがてネットの時代になり、私たちの仕事を広く紹介することが出来るようになりました。2000年10月13日にサイトをアップロードして以来、何人ものお客様から「こんなサイトを待ってたんだよ」とか「日本じゃ無理なのかと思ってました」とかたくさんの反響をいただきました。当時は日本ではネット上のどこにもユニフォームを額装することについての情報が全く存在しなかったからです。今では当時が嘘のように百花繚乱の状態ですが。

 日本で最初の、そして唯一のスポーツアイテム額装の専門店として、先鞭を付けた者として、今や壁の文化が浸透したと言ってもよいこの日本という国の壁という壁に、色んな愛着ある作品を所狭しと飾っていただきたいと思っています。そしてその中にユニフォーム額縁もごく自然に溶け込んでいてほしいと言うのが現在の私たちのささやかな願いなのです。





よくある質問Q&A
Q ユニフォームやグッズ類を購入できますか?
A 弊社の商品は額縁と額装で、ユニフォームやボールなどのアイテム類の販売は致しておりません。
アイテム類のご購入は専門店をご利用いただければ幸いです。
Q  ユニフォームは預けないと額縁の製作は出来ませんか?
A 単に額縁を作るだけではなく、額装する=きれいにセットして仕上げるのがお預かりする目的です。
とにかく額縁に入っていればそれでいいというのではなく、まだまだ未熟かもしれませんがそこに美を感じられるようなセットを理想としています。
それはユニフォームのシルエットの美しさを引き出すことであったり、色の美しさを引き立たせることであったり、色んなアイテムとの構図とバランスの
美しさを追求することであったりします。
美しいユニフォーム額は美しい、それが真実であるように美しくないユニフォーム額は美しくないと考えます。
ただユニフォームという布が入っただけの額縁になにか意味があるのでしょうか。それに意味を持たせるには飾り手(あなた)と作り手(小社)のこれは
美しく、価値あるものという共通の「確信」が不可欠ではないでしょうか。
ユニフォームは美しい、そして価値ある作品です。だからその美と価値にふさわしい額装を提供したい。
それが小社の結論です。
ですので、美しく仕上げるために、必ず一旦お預かりします。最近ではユニフォーム額専門店と称してメーカーから仕入れたユニフォーム額縁をただ売り
つけるケースもあるようですが、一番難しい額装部分をあなた任せにして、専門店とは笑止と言うか、ちょっと笑えます。
 私たち額縁屋は頭ではなく手で考える要素があって、実際に作業しながら考え、又考えながら作業します。こうしたらもっと格好良くならないか等、
手を動かしながら微調整を繰り返して行きます。その時生まれるアドリブのアイデアやインスピレーションを額装に生かしたいとも思っています。
 時には「皺が残っている」「そでのマークが見えない」など完全にお客様の要求を満たせない場合もあるかもしれません。しかしそれはそうすることで
ユニに不要なストレスがかかったりするのを避けているからで、理由があってのことなのです。
とにかく作る以上はその時点で最高の額装にしたいと考えながら作業しています。
従ってどうしても預けたくないという場合の選択肢は既製品だけとなります。
ただし、バット額・グローブケース・ボールケース・シューズケースなどはお預かりしなくても製作可能です。
又、額装経験者や額縁専門店様であっても小社にお預けいただいた方が確実に良いものに仕上がりますのでお任せ下さい。額縁だけの提供には応じて
おりません。実際、多くの小売店様の下請けもさせていただいています。
 

Q 製作期間はどのくらいでしょうか?
A 大雑把に言って画像打ち合わせ後約3週間ですが、これは難易度や込み具合で変わってきます。
イベントに使うもので日時が決まっている場合は必ず最初にお知らせ下さい。出来るだけ調整して間に合わせるように致します。
このように時間がかかるのも弊社で1枚1枚仕上げて行くからです。作り置き商品ではないからです。

Q シュミレーション画像による打ち合わせとはどんなものですか?
A 額装ユニフォームの見映えを決定するフレーム色や背景色を決める場合に、お預かりしたユニフォームやアイテムを撮影して、画像処理し、フレームや
背景画像と合成します。その完成予想画像を数パターン作り、メールに添付して返信するようにしています。そこでお客様と意見を擦り合わせて最終的に
仕様を決定するようにしています。
ですので、最初はバーチャルな打ち合わせとなります。
 ここでご理解いただきたいことは実際には、作業する上で色んな制約があるということです。何でも作れるわけではないということです。
このシュミレーションの段階で非現実的なものは、そぎ落としていくようにしています。例えば制約の一つにまず背景に使う布色があります。
(基本は白・黒・青・赤・緑・茶・キャメルです)フレームは金属製のものは使いません。現在は茶系、黒系、シルバー系、カラー系のフレームを主体に
作るようにしています。そして制約という意味では素材の原判のサイズや素材の強度などもあります。素材とは、フレームであり、マット紙(台紙)であり
裏板などに使うベニヤや表面に使う透明アクリル板などです。
以上のような条件というか制約の下、お預かりしたユニフォームやアイテムが最高に映えるようにするにはどうするかを考えながら色々な提案をさせて
いただいています。

Q 価格は?
A 価格につきましては個々にお返事差し上げております。フォーム又はメールにてお尋ね下さい。
(以前、無断で小社のサイトをプリントしてカタログ化したものが出回ったことがあります(怒)ので公表致しておりません)そのようなものがありましても小社とは
一切関わり合いがございませんのでご注意下さい。
 
概算は本ページ上に表記しております。

Q サンプル画像にないような額縁でも作ってもらえますか?
A 額縁の技術だけでなく、(家具の町に立地していますので)家具製造の技術なども利用しながら製作に当たりますので、お尋ね下さい。材料を探したり
実験したりしてお時間をいただく場合もございますが、よろしくお願いします。
Q 他店との違いは?
A  他店をよく知らないのでなんとも言えませんが、たぶん実績と額装の自由度です。
歴史 (というほど大袈裟なものではありませんが)この分野でパイオニアと呼べるのは小社だけと自負しています。ですのでウェブ上で弊社が唯一の
専門店だと公言してもどこからも異論は出ないと思っています。
送り出したスポーツ額縁の数 (国内では突出して多いとは思ってますが、数だけでは自慢にはなりませんね。笑)
個人のお客様だけでなく企業様や学校法人様などの幅広いお客様層。おかげ様で日本代表選手ご本人やご家族や協会、スポーツイベントのスポンサーの
あの企業さんまでお客様です。
受注範囲 (国内はもとより香港・アメリカ・ヨーロッパ・アフリカから受注、発送実績あり。)
話題1 (昔、ユニフォーム額縁店ということで「2ちゃんねる」で見ず知らずの方にURL付きでご紹介いただきました。)
話題2 (何でも額装してくれるお店で唯一のスポーツ額専門店として日経新聞全国版で紹介されました。)
話題3 (地元TV局FBSの情報番組で、スポーツ額を紹介されました。その後、FMラジオ、AMラジオからの取材も)
リピーター数 (1枚だけで終わられるお客様より、リピート注文下さるお客様の割合の方が多いですね。感謝)
ノウハウ 長袖はもちろん、カッパ社製のユニなど素材難度の高い額装でも大丈夫です。ユニフォームはもちろん衣類ですので、それだけではペシャンコな
ものです。ただペシャンコなままで飾るのはあまりにも芸がないと思います。小社の額装ではパネルに着せることでユニフォームに約10ミリの立体感をつけます。
そして額縁内部の約30ミリ奥行きという空間の中にそれをセットします。このわずか約10ミリの厚みと約30ミリの空間が、驚きのリアリティと美的効果を
もたらします。ユニを飾るならやっぱり額縁しかない・・・どうぞ実感して下さい。
研究 ご注文間隔の開いたリピーター様から「前回と少し違いますねと言われることがありますが、コストを上げずに、もっとシンプルに、もっと安全に、
もっと見栄え良く、出来ないか常に考えています。(たまにアイデア倒れで終わることも。泣)
 ユニフォーム額・スポーツ額を作るのに力は必要ありません、必要なのはセンスと経験に裏打ちされたノウハウです。今ではユニフォームの素材を見れば、
どの位まで伸びるか、どういう型を作ればカッコよく見せられるか等の額装に必要なおおよその判断はつきます。この判断「力」の精度を上げることに力を注いで
います。ユニフォームやグッズの価値にふさわしい価値のある額装を目指しています。
 又、プレートや写真や証明書などお宝の価値を上げるアイテム類も一緒に額装出来るようにしています。

           
                                                      
   






歴史を作ったレジェンドたちのユニフォーム額


さすがだねイチロー シーズン262安打 メジャー新記録

イチローユニフォーム紺 イチローユニフォーム白 イチローユニフォームグレー イチロー3点セット マリナーズ&ブルーウェーブイチローユニ イチローマリナーズ3枚組 イチローマリナーズ3枚組タテ型 イチロー3点セット2 イチロースペシャル イチローユニ&フォト額



ありがとう Roberto BAGGIO 君を忘れない!

バッジョ前開き両面額 バッジョ代表ユニ国旗タイプ バッジョブレシアユニ バッジョブレシアユニ長袖 バッジョブレシア3点セット オールアバウトロベルトバッジョ(代表ユニ) バッジョブレシアマフラー付き バッジョインテルユニ バッジョブレシア長袖国旗タイプ バッジョインテル額 バッジョ長袖両面額 バッジョセリエA200ゴール記念ユニ




さようならZIDANE 永遠のピッチ上のマエストロ!









             
戻る