ユニフォーム額縁の分類
  

比較表
片面オーソドックス型 片面マット付型 扉式 アクリルサンドイッチ型 ユニを一つの額縁に複数入れる
メリット ユニ全体を見せられる 省スペース
まとまっている
後日写真などを
追加できる
両面見れるので
両面サイン入りユニに有効
ユニ上下やホーム&アウェーを
入れられる迫力がある
デメリット 基本的にはユニの取り出しは
不可
ユニの全体の形が
見えない
重い
額縁強度が弱い
重い強度が弱い
ユニの裏面は皴が伸びにくい
額縁サイズが大きい
重たい
平均サイズ(タテ×ヨコ) 110×100cm 85×70cm 110×110cm 110×125cm 110×150cm
平均重量 約10kg 約7kg 約18kg 約18kg 約25kg
平均価格帯 4万前後 3〜3.5 5.5万〜 5.5万〜 6万〜
当店における制作シェア 75% 15% 3% 2% 5%

※ユニフォーム以外のボールケースやバット額、グローブケースやスパイクケースなども制作可能ですので、お尋ねください。



戻る